キズ、ヘコみ補修と消耗パーツの考え方|バイク買取

自分で修理するのはちょっと待て!

フレームの評価ポイント 査定前にキズついたパーツを交換したり、自分で補修しようと考えてる人がいたら、ちょっと待って欲しい。

素人がヘタにパーツ交換やカウルの補修をすると、かえってキズをつけてしまうことがある。
バイクショップに整備を頼めば綺麗に仕上がるけど、ショップだってボランティアじゃない、利益を出さなきゃやっていけない。だから、修理費用には利益が上乗せされてるものなんだ。

その利益の分と、バイク買取で、プラス査定がついて高くなった分とをプラスマイナスしたら、マイナスになってしまうこともあるんだ。

だから、大きなキズやヘコミは修理するより、思い切ってそのままの状態で査定を受けた方が、お得な場合があるんだよ。

足回りやエンジン内部の消耗品の交換時期なのに、だましだまし乗る…なんてことをしてる人がいたら、すぐにやめた方がいい。

そんなことをしていると、部品交換だけで済むはずのものを、本体まで傷めてしまいかねないよ。大がかりな修理が必要な状態にしてしまったら、当然プラス査定なんてつくはずないよね。

消耗品はきちんと交換して日頃のメンテをすることが、バイクをいい状態に保ち、プラス査定につながるんだ。



特選・バイク買取 タイプ別比較