外装パーツの評価ポイント

外装パーツの評価ポイント

外装パーツの評価ポイント|バイク買取 大事に乗ってきたけど新車同様とはいえない愛車。査定でマイナスにならないか、心配になるよね。

▼外装パーツの評価ポイントは大きく3つ。
1.転倒によるキズがないか。
2.立ちゴケ等による、大きなキズの有無。
3.サビや腐食はないか。

これらのキズや異常がなければ、それほど大きなマイナス査定にはならない。

タンクやカウル等、外装パーツの状態は、バイクの保管の仕方でも左右される。 雨風にさらされる場所に置いておくのはどう考えてもマイナス。

外に置く時は必ずバイクカバーを掛けよう。雨が降ると湿気がたまってサビの原因になるから、雨の翌日はバイクカバーを外して換気することを忘れずに。

そして査定前、ピカピカにしようとして洗車傷をつけないように注意!
必ず水でホコリを流してから、軟らかいスポンジに中性洗剤をよく泡立てて、やさしく洗おう。泡を洗い残すとサビになるから気をつけて。

メッキ部のサビは、定期的にパーツクリーナーで磨くとピカピカの状態を長く維持できるんだ。サビが大きくなったら真鍮ブラシなどで丁寧に磨こう。

ただし、スポークホイールなどメッキがとても薄い部分もあって、力を入れすぎるとハゲてしまうんだ。あくまでも、『やさしく丁寧に』 を心がけよう。



特選・バイク買取 タイプ別比較