エンジンの調子を保つ為の基礎メンテ|バイク買取

エンジンの調子を保つ為の基礎メンテ

オイルとプラグとエアクリーナー バイクの査定でいい評価を得るためには、日頃の基礎メンテが大切なんだ。

まずは、エンジンオイルの交換。
オイルにはエンジン内部の部品を滑らかに動かしたり、エンジンを冷却する働きがある。

オイルが劣化したり減ったりすると、潤滑と冷却がうまくできなくなってエンジンを傷めてしまうんだ。

量は十分か、色は濁ってないか、定期的にチェックしよう。 走行距離3000~5000kmごと、または半年に1回がオイル交換の目安だよ。

エンジンがかかりにくい、パワーが出ないという時は、スパークプラグの劣化が原因かも知れない。 プラグは、エンジン内部に送り込まれたガソリンと空気の混合気を、点火して爆発させてパワーを生み出す火種なんだ。
劣化したり、消耗してたら交換しよう。走行距離1万kmごとの交換が目安だよ。

エアクリーナーは、エンジンが吸い込む空気の汚れをフィルターで奇麗にしてるんだけど、汚れると空気が通りにくくなるんだ。 そうすると、混合気の割合が狂ってエンジンの調子が悪くなったりするんだ。

よっぽど空気の汚れた所じゃなければ、そんなにしょっちゅうメンテしなくていいけど、時々は点検して、汚れがひどかったら交換するか綺麗に洗浄しよう。



特選・バイク買取 タイプ別比較