下取でバイクを売るのは得か?

下取り価格は、オークションの相場情報が影響する

メリット バイクの下取りとは、バイクを買い換える際、新しくバイクを購入するショップで、それまで乗っていたバイクを買い取って貰うことを指す。

そのショップで新たにバイクを購入することが前提となる為、幾分、買取価格も有利になると考えられている。

この、バイクの下取り価格は、車両オークションでの取引価格の相場が根拠になっている。

車輌オークションは販売店だけが参加できて、全国各地で開催されている。

都市部で人気の車種や山間地域で人気の車種など、地域ごとに求められるバイクは違う。 だから同じバイクでも地域によって、買取価格に差が出ることは意外に知られていない。

バイクショップの下取り価格もオークションの相場情報に基づいているので、下取したバイクが、「その店の地域でも売れるバイク」 だと相場より高く買い取ってもらえる可能性がある。

でも人気のないバイクだと、そうはいかない。バイクショップとしては、売れないバイクを在庫に抱えていても儲けにならないし、系列メーカーの関係なんかで、ショップのカラーと合わない車種など、扱いが難しいバイクは下取り価格もそう高くはならない。

ならば、いっそのことバイク買取業者に売った方がベターな場合もある。
全国展開しているような買取業者はオークションの相場情報をたくさん持っている。そういう業者ほど、買い取り価格に地域差は出にくい。

バイクショップの都合や、地域性に関係なく買取額をほぼ一定にできるから、ある意味、ショップよりもコッチの方が公平だ。



特選・バイク買取 タイプ別比較